スポンサーリンク

脳の補正機能


スポンサーリンク





こんにちは!

 

 

きうょは じっんけを しまいてす

のにうは ほいせうのきが あみるたないのすでが

そたれをいしかんてたもらめうに、ぶをしょうんてきうとに くみえかててまみす。

 

意味はなんとなくわかりますよね?

 

きょうはじっけんをしています
のうにはほせいきのうがあるみたいなのですが
それをたいかんしてもらうために、ぶんしょうをてきとうにくみかえてみてます。

 

という文章をくみかえてみました。
最初と最後の文字はそのままで、中を適当に入れ替えても
大体の意味は伝わるみたいです!

 

これは

 

母国語が日本語なので、このバラバラの文章でも脳が補正できるだけの日本語力があるからです。

 

 

英語でも同じなんですが、教科書とかに載っているものが

そのまま話されているワケでなく

ここまでとはいきませんが、けっこうメチャクチャになってますw

 

 

文法的にみたら間違いまくってたり

かなり略していたり、逆になっていたり、発音も違う感じになったり

いろんなところで違いますね?

 

 

でもそれでも同じように理解はできます。

 

 

じゃあ・・・

 

なんで理解できるのか?

 

というのを考えていくと、

 

英語のデータが頭の中にあるからです。

 

なのでこのデータを蓄積していけばかなり習得しやすです。

 

もっと具体的に書くと

 

 

英会話のフレーズをそのまま覚えまくって頭の中のデータの蓄積を増やす

 

 

という感じです。

 

毎日継続して、少しずつフレーズを覚えてまくるのがいいですね!

 

それだけでもかなり理解力とか高まりますし、話すときにもだいぶ楽になります。

 

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

本田圭佑の夢の叶え方(オススメ!)

キャバ嬢?いやいや麻雀の女流プロです!

朝マックのビッグブレックファストを食べてみた!

ダルビッシュ有の変化球が打てなさすぎw

政見放送なのに・・・なんで笑えるの?

眠れないとき羊を数える理由

中村俊輔のフリーキックの精度がスゴイ!

このページの先頭へ