スポンサーリンク

代用魚と噂の回転寿司の偽装表示のサイトはガセ?スシローやくらはどう?


回転寿司の代用魚の本の画像

 

代用魚というキーワードが

検索されていて気になったのですが
個人的にもどうなのかな?
という疑問を持っていたので
代用魚関連について調べてみます。

 

代用魚と噂の回転寿司の偽装表示のサイトがあるのですが
そちらの情報の方がガセじゃないのか?
という情報もあるので今回検証してみます。

スシローやくら寿司はどうなのか?

 

私も回転寿司を食べたくなるので
気になります!

 

スポンサーリンク


代用魚とは?

 

そもそも代用魚とはなんでしょうか?

wikiから引用
日本で古くから食用とされてきた魚介類の代用として
近年利用されている魚介類を指す。
代替魚(だいたいぎょ)とも呼ばれる。

従来は国内で流通・消費されてこなかった
外国魚・深海魚などが使われている。

水産総合研究センターの開発調査センターでは
「開発魚」と呼ぶ

 

こんなのがあるみたいです。
最近はこちらの代用魚のことが話題になっています。
特に回転寿司で使われているのが
偽装表示じゃないのか?

 

ということが問題視されています。

 

代用魚と噂の回転寿司の偽装表示のサイトはガセ?

 

この代用魚は回転寿司で普通に使われている
として、インターネット上ではまとめサイトなどで
かなり話題になっています。

 

代用魚の名前と画像つきで載っていますね?
こちらにもいくつか載せておきます。

 

マグロの代用魚のガストロ

マグロの代用魚のガストロ

 

スズキの代用魚のナイルパーチ

スズキの代用魚のナイルパーチ

 

 

これに対してあるサイトが批判していて
こちらの記事の内容も面白いので引用します。

 

ロケットニュースからの引用です。

回転寿司で「代用魚」の使用は絶対にありえない
流通量などを考えればすぐ分かる話なのに
信じる人が多すぎる

過剰反応により濡れ衣を着せられている業界も存在する。
それは、以前からインターネット上で「代用魚」を
使用していると書かれている回転寿司チェーンだ。

・冷静に考えればありえない話だとすぐ気づくのに……
なぜ代用魚の使用がありえないのか、
気づくことができる点はいくつもある。
以下に「代用魚」が回転寿司で使われるのがありえない理由」
を3つほどまとめてみたので、
疑問に思っている人はぜひ見て欲しい。

1.流通量が少なすぎる
まず、回転寿司で使うには生で食べられる状態で
魚を仕入れなければならない。
インターネット上でささやかれている
「中トロ=赤マンボウ」や「マグロ=ガストロ」などの
生で食べられる状態のものが市場にたくさん入るわけもなく、
数十店舗、数百店舗もあるような
大手回転寿司チェーン全店で常時使えるわけがない。

2.淡水魚なのに生食?
また、「ナイルパーチ=スズキ」や「ティラピア=タイ」
というのも相当無理がある。
なぜなら淡水魚なので寄生虫がおり、
生食には適していないからだ。
これも流通量と同時に考えたらありえないのはすぐ分かるし、
もし大手チェーンで何年も使っていたら
健康被害が出ているはずである。

3.小規模店でも使うのはムリ
では大規模チェーンがムリなら小規模はどうなの?
という声もあがってくるかもしれないが、
そもそも魚の使用量が少ない小規模店で
コストを下げるためにそんなリスクの高いことをするはずもない。

むしろ大手より客との信頼性が重要なので、
そんなことをしていたらすぐに潰れてしまう。
また、日本から遠く離れた国の魚を生で食べられる状態で運ぶには
高性能の冷凍庫などの設備も必要であり、
そんな資金も無いと思われる。

 

こちらの意見もなかなか面白いですよね?
wikiに書いてあることからすると
代用魚は高級魚や大衆魚の資源枯渇の対策として作られていて
コスト削減を目的としていると書かれてあります。

 

開発調査センターによって積極的な開発が行われている。

 

とあるのでこれがあっているなら
大量に作ることは簡単なはずなので
逆に大量に使いやすいんじゃないでしょうか?

 

実際に
『独立行政法人水産総合研究センター開発調査センター』

 

というのは確認しましたがあります!
ここが開発して運んでいるのであれば
市場としては容易に入手できますし

 

回転寿司業者はコスト削減として
このセンターも大量注文がきてかなり儲かり
win-winの関係になるので可能性はありますね!

 

ということで1の批判については
厳しいかも?という個人的な見解です。

 

2ですが
淡水魚は確かに寄生虫はいることは確かです
しかし海水魚も寄生虫はいます
2の批判も完全にそうとは言い切れませんね?

 

ロケットニュースの記事の書き方だと
淡水魚は生で食べられるの適していないと
書かれています。

 

こちらに関しては
寄生虫でもいろいろなのがいて
人に有害でないものもありますし
一度冷凍したら大丈夫だったりとか
調理の仕方や保存方法や種類などでも異なります。

 

3ですがこれに関してはそうかもですね!
小規模店が代用魚を使うのは
かなりリスク高いとは思います。
信頼がなくなってしまうのがマズいんですね?

 

ただし値段が高くなるのも間違いなさそうです。

 

偽装表示として問題とされているのは
回転寿司の魚の名前が実際のものと違うし

 

「代用魚を使われているのに
なんで代用魚の名前じゃないの?」

 

ということだと思います
こちらは法律が関係してます。

 

JAS法というのがあるのですが
こちらは外食産業は適用外なんです。

 

ですが販売している側としては
消費者からの質問があれば答えないといけない

というのもあるみたいですね?

 

最近はホテルやデパートの食品の表示偽装が
かなり問題視されている風潮があるので
このままいけば

 

回転寿司も時間の問題かもしれませんね?

 

消費社庁がの回答では
『消費者が報告したら景品表示法の違反を検討する』
らしいので、回転寿司の代用魚のことが話題に上がるのも
このことからじゃないでしょうか?

 

代用魚のことを書いている人の利益はあまりなさそうですしね。

 

回転寿司のスシローやくらはどうか?

 

このことに対しては言及していませんが
あれで100円だとか考えてみると
可能性としてどうなのか?というのは
言わないでもわかると思います。

 

大量仕入れでコストを削減していたり
だとかテレビではやっていたのを覚えていますが
それだけではないかもですね?

 

東京で食べた寿司ですが
メチャクチャおいしかったのですが
そこのはマグロとかだと300~500円ぐらいだったかな?
100円ではなかったのを覚えております。

 

まとめ

 

消費者としてはやはりちゃんと
自分が何を食べているのかは表示してほしいと思います。
「マグロならマグロ」「代用魚なら代用魚使ってます」
みたいなことですね?

 

ネットで話題になっていてよく見かけるので
表示が変わるのも時間の問題だとは思います。

 

お店としては代用魚だとしたら
発表したくないのは間違いないですよね?
お客さんが減るのは確かでしょうし
子供がいて健康を考えたりしている家庭などは
かなりこういう風評は気にするはずなので。

 

逆に
「うちは代用魚とか一切つかっていません
表示もしっかりしております、その分値段は高いです」

 

と書いておけば逆に流行るんじゃないかな?
と思います。

 

私は高いお寿司を食べれるように頑張ります!

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

本田圭佑の夢の叶え方(オススメ!)

キャバ嬢?いやいや麻雀の女流プロです!

朝マックのビッグブレックファストを食べてみた!

ダルビッシュ有の変化球が打てなさすぎw

政見放送なのに・・・なんで笑えるの?

眠れないとき羊を数える理由

中村俊輔のフリーキックの精度がスゴイ!

このページの先頭へ