スポンサーリンク

NASAに就職するには?


スポンサーリンク



NASAとは

『アメリカにある、宇宙に関係することに携わる米国の機関』

と言えばわかりやすいですね?


全世界の宇宙好きな若者の憧れの機関
であることに間違いなさそうです。


日本で言えば最近


『宇宙兄弟』

宇宙兄弟


という漫画が流行っています。
観てても面白いですね!


この影響もあるのか?


『NASAに就職したい』

という人も多いと思います。

でも

『どこをどう目指せばいいの?』

という疑問にかられるはずなので
それを少しまとめて分析してみましょう!


あくまで『参考まで』のレベルですが、
それでも何もないよりはマシだと思うので
よろしければ参考にして下さい♪


まず

NASA 就職

で検索すると


NASAの『ポスドク(博士研究員)』

をやっていた人のブログを発見!!
重要なところを見てみると


・NASAの正規職員だとアメリカ国民でないとほぼ無理
・契約被雇用者とかだと、別に関係ない


みたいです。
あとは


宇宙のこと以外にもいろいろあるので
そういう分野ならまだ入りやすいかもしれない
という感じですね。

・技術とか事務とかそういうのでもいい人
・博士号を持っていてそっちの専門でいきたい人
・現在学生で研究とか勉強をやりたい人。


方法としてはNASAのHPから
企業一覧のHP

こちら→http://nasajobs.nasa.gov/jobs/contractors.htm

から企業を見て
技術職以外の企業も入っていたりするので
そこに入れればNASAで働くことにはなります。

例えば財務が強い人ならそういう財務を管理している
このHP一覧の企業に問合わせして履歴書を送る
みたいな感じでOKみたいです!


・yahoo!知恵袋

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1038634490

では

東京大学工学部宇宙工学科卒のみNASAに就職できる可能性あり
東京大学理科一類で三回生になるとき上位層にいたら宇宙工学科に進めるらしい
まず東京大学理科一類に合格すること。

とかありましたが

『国籍の問題点は?』がクリアできていないので参考までに。


・慶応SFCからもNASAに就職しているみたいです

http://mtweb.bioinfo.sfc.keio.ac.jp/lab/wp-content/themes/mtlab/images/fujishimasan.jpg

これはスゴいですね?
リンク先を見てみると
確かになんかスゴそうなので

特例だったのかな?・・・とか思います(わかりませんが)


あとは情報をいろいろたどってみると


MIT(マサチューセッツ工科大学)で航空宇宙工学の博士号とって
NASAジェット推進研究所(JPL)への転職した人


アメリカでやっていくには

『コミュニケーション能力が高くないと厳しいかも?』

これは


・書く
・話す

の両方ともに必要みたいです。
アメリカ人はこれが日本人に比べると非常に上手い(平均的に)


普通に考えても上手いのはよくわかりますね!


アメリカの大学院の場合は
先生に雇ってもらわないとダメらしく
生徒側が売り込みをしなきゃいけないみたいなんですね?

なので

上記の能力があった方がだいぶ強いです
(アメリカの価値観なので日本とはまた違うらしい)


以上、参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

本田圭佑の夢の叶え方(オススメ!)

キャバ嬢?いやいや麻雀の女流プロです!

朝マックのビッグブレックファストを食べてみた!

ダルビッシュ有の変化球が打てなさすぎw

政見放送なのに・・・なんで笑えるの?

眠れないとき羊を数える理由

中村俊輔のフリーキックの精度がスゴイ!

このページの先頭へ