スポンサーリンク

おせち料理の重箱の正しい詰め方や順番や意味とは?


おせちの重箱の画像

 

お正月と言えばおせち料理がかかせませんが

そのときは重箱を使いますよね?

 

正月のときってなんであれで食べるんだろう?

重箱に入っている料理って独特なものばかりですよね?

あれも意味があるの知っていますか?

 

意味が気になっているので調べてみました。

これであなたもおせち重箱マスター!!

 

 

おせち料理を重箱を重ねて詰める意味は?

スポンサーリンク



 

おせち料理は重箱に詰められているものなのですが

これも意味があって

『めでたさが重なるように』という願いのもとに

段重ねで重箱に詰めています。

 

他にも

 

おせち料理は1日だけでなく

2~3日に渡って分けて食べるものなので

埃などのゴミや虫が入らないように蓋が必要なんですね?

重ねることによって重箱が蓋にもなっているってことです。

 

昔の時代はサランラップみたいな便利なものがなかったので

昔の人の知恵でもありますね。

重箱には一の重や二の重ねや

三の重や与(よ)の重や五の重ねがあります。

 

正式には4段が正解なのですが

日本では『四』という数字が『死』というのを連想させてしまうので

縁起が悪いんじゃないか?というのでこの『与』を使っています。

 

詰め方にも決まりがあったりして地域で違っていたりします。

最近では重箱の段数も3段や5段が多いですね?

5段はかなり豪華なので3段が多く、2段もありますね!

奇数段で重ねるのが一般的みたいです。

 

重箱の料理の正しい重ね方や料理の意味は?

おせち料理の画像

 

一の重は

祝い肴(いわいざかな)と言って鯛(たい)や鯉(こい)を入れます。

 

関東では『黒豆』や『数の子』や『ごまめ(田作り)』

関西では

 

『黒豆』または『ごまめ(田作り)』や

『数の子』や『たたき牛蒡(ごぼう)』

の3種類を入れます。

 

鯛(たい)は形や色合いが良くてさらに

『めでたい』という語呂もあります。

 

鯉(こい)は『鯉の滝登り』が

出世や栄転を思われるからです。

 

数の子は沢山のたまがご一つにまとまっているので

子孫繁栄の意味です。

 

黒豆は『まめに暮らせるように』の意味です。

 

ごまめ(田作り)は肥料として使われていたので

豊作祈願の意味です。

 

 

二の重では

酢の物や口取り(口取り肴の略です)を入れます。

 

栗きんとんや紅白なますや

伊達巻や昆布巻きやかまぼこなんかを入れます。

子供から大人まで食べられるように

甘い物が中心になっていますよね?

 

昆布は『喜ぶ』と語呂でかけています。

 

三の重では

焼き物を入れます。

 

焼き魚とかエビなど海の幸ですね!

 

エビはヒゲが長くて腰が曲がっているので

長寿祈願ですね。

赤色が魔除けの色と言われていたり

朱色が晴れやかなので祝肴に使われるとか。

 

与の重では

煮物を入れます。

 

野菜の煮しめや山の幸の煮物、

れんこんや八つ頭や煮芋や筑前煮などですね。

 

れんこんは

『将来が見通せるように』『種が多いので多産』の意味。

 

八つ頭は

『八という文字が末広がりで、人の上に立つ』の意味。

 

五の重では

何も入れません。

 

『これからの一層の繁栄によって

得られる富を置く場所を作っておく』

という意味です。

 

 

 

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

本田圭佑の夢の叶え方(オススメ!)

キャバ嬢?いやいや麻雀の女流プロです!

朝マックのビッグブレックファストを食べてみた!

ダルビッシュ有の変化球が打てなさすぎw

政見放送なのに・・・なんで笑えるの?

眠れないとき羊を数える理由

中村俊輔のフリーキックの精度がスゴイ!

このページの先頭へ